ノラ社長日誌

京都のデザイン会社『nola株式会社』代表の社長日誌です。会社のこと、仕事のこと、家庭のことを書いてます。

現役子育て中の友達におすすめを聞きながら買い物してきたよ

f:id:setomachiko:20181007183853j:plain

これも時代ですかね。

私は今年で38歳なので一般的には高齢出産という扱いになるのですが、この歳になって私の周りでは空前のベビーブーム。

私と同い年の友達がここ数年で一気に子供を産んだため、同い年くらいの赤ちゃんがたくさん。

正直、たくさんいすぎてほとんどの赤ちゃんの名前と性別が覚えられず、会うたびに「男の子?あ、女の子か」っていうやりとりをしていますw

なので、ちょうど最近産んだとか去年産んだとかだと、その時代の流行とか、国からの支援や仕組みについて相談できるのと、ベビーベッドとかお風呂とかを借りられるのでとても助かってます。

うまいこと時期がずれて、みんな自分で買わずに借りて使っているみたい。レンタルサービスとかもあるけど、あれ結構高いですからね。友達だと直接使用感とか聞けるしありがたい。

出産前に用意しておくものが結構あるみたい・・・

先日病院で「母親教室」なるものに始めて参加しまして。

出産前にやっておくこととか、陣痛とはどういうものでどうなったら病院に連絡するのかとか、出産後の入院はどういうことをするのかとか、退院後の話などを一通り聞いてきました。

で、その時に「出産したらしばらく動けなくなるし、退院後すぐ必要なものもあるから前もって用意しておいてね」って言われたものがありまして、これが結構たくさんある。

ネットで調べて買ってもいいけど、調べるとまぁ山ほど種類が出てくるので、実際どれがいいかわからないってことで、一昨年前に出産をして今子供が2歳くらいになった地元の友達に連絡をして、買い物についてきてもらうことにしました。

どこで買ってもいいってわけでもないみたい

まず、私の感覚では“赤ちゃんグッズ”=“西◯屋”だったのですが、友人曰く「いや、西◯屋よりアカチャンホンポの方がいい。肌着とかならUNIQLOもいいよ」ということでした。

これは好みにもよるでしょうし、あと赤ちゃんの性格とか個性にもよると思うので(肌が弱くてあそこのは合わないとか)、一概にそうとは言い切れないと思いますが、なぜいいかを聞いたら割と納得したので今回は素直にアカチャンホンポに行くことにしました。

私の地元は滋賀ですが、滋賀にアカチャンホンポはなんと大津と草津の二箇所しかない。草津にないものは滋賀全域どこ探してもない、と言われるくらい商業施設や全国チェーンのお店が草津に一極集中。

お買い物は草津か、琵琶湖の西側だと京都へ、東側だと名古屋へ行く構図になってます。

というわけで、家から1時間ちょいで行ける草津へGO。

必要なものあれこれ買って来た

取り急ぎ用意して置かなければいけないのは、入院中と、退院後〜約3ヶ月間くらいに必要なもの。

入院中に必要なもの

入院中に必要なものは、ほぼ私のもの。

というのも、赤ちゃんのために必要なものはだいたい病院で用意してくれるみたいであんまり困らない様子。ただ、用意してくれるものは病院によって違うようなので、入院する病院に聞いてくださいね。

私が入院する予定の病院では下記のものは用意してくれるとのことでした。

  • 新生児用の紙おむつ
  • おしりふき
  • 新生児の産着(うぶぎ)
  • 産褥パッド
  • 生理用ナプキン

上記以外は自分で用意します。

  • 産褥ショーツ(股の部分が開閉する仕組み。ショーツを脱がずに寝たままで診察や産褥パッドの交換が簡単にできるので便利らしい)
  • パジャマ(授乳しやすくて、冬でもあったかいやつ。病院は結構寒いらしい)
  • 身の回りの生活用品(洗面具や入浴具など)

絶対いるわけじゃないけどあった方がいいもの

  • 骨盤ベルト(産後の体型戻しや腰痛の緩和にあるといいらしい)
  • 暖かい靴下とレッグウォーマー(とにかく寒いみたい)
  • 授乳用ブラジャー(あると便利らしい)
  • 母乳パッド(母乳が染みてこないようにブラジャーに挟んでおくものみたい)
  • ガーゼハンカチをたくさん(いろいろ便利らしい)

細かく言うともっといるけど、大きくはこんな感じ。

だいたい一週間入院するので、その間に必要なものを用意しましょう、とのこと。

退院時に必要なもの

  •  赤ちゃんの衣類(これないと病院出る時裸になる)
  • チャイルドシート(これないと車で連れて帰れない)

入院中と退院時だけでもこんなに用意するものがある(;´∀`)

大変だ。

退院後〜約3ヶ月の間に必要なもの 

なんで3ヶ月かというと、赤ちゃんの服のサイズがだいたいそれくらいで最初に買ったサイズが着られなくなるからだそう。

ただ、最初に買うサイズはだいたい50〜60だけど、生まれた時の赤ちゃんのサイズが3700gとかだったら割とすぐに70とかになってしまうみたいなので、生まれる前に買いすぎてもダメっぽいのでとりあえずちょっとだけ買っておく。

 そんな感じで今回買ってきたのがこちら。

f:id:setomachiko:20181007111835j:plain

  • 肌着(半袖・長袖)
  • 長袖ロンパース
  • たくさんのガーゼハンカチ
  • 沐浴用ガーゼ
  • 防水シート
  • おしりナップ
  • おしりナップとかに使うフタ(持ち運び用のおしりナップとかにあると便利)
  • 赤ちゃん用洗剤
  • 赤ちゃん用柔軟剤
  • おむつ洗用石鹸(友人が一番強くおすすめしていた石鹸)
  • ベビーワセリン
  • 保湿液
  • 爪切り

行ったお店は

  • アカチャンホンポ
  • UNIQLO
  • アヤハディオ(滋賀ローカルのホームセンター)

肌着はUNIQLOとアカチャンホンポがおすすめということで、両方で買って来ました。今回、西◯屋を利用しなかったのはこの肌着が主な理由でした。

友人曰く、西◯屋のは安いけど洗濯した時に生地がよれやすいらしい。

まぁ、洗濯の仕方にもよると思うので一概にそうとは言い切れないとは思いますが、UNIQLOのはデザインも可愛いし、いいかなと思います。

買った中でも特におすすめだったもの『ウタマロ石鹸』

 いろいろ買いましたが、その中でも特にこれはおすすめだと強く紹介してくれたのがこちら。

ウタマロ石けん 洗濯用固形石けん 133g

ウタマロ石けん 洗濯用固形石けん 133g

 

 服とか肌着についたウンチは取るのが大変なんだそうですが、あらゆる洗剤の中でもこの石鹸が一番よく取れたそうです。

これはアカチャンホンポとかには売ってなくて、これを買うためだけに近くのホームセンター(アヤハディオ)に買いに行きました。

スーパーとかにも売ってるそうですよ。

固形じゃないタイプもあります。

ウタマロ リキッド 400ml

ウタマロ リキッド 400ml

 

 ただ、おすすめは固形石鹸でした。

これでゴシゴシこするとあっという間に取れるそうですよ。

大きいものは借りるかメルカリで

f:id:setomachiko:20181007201617j:plain

他にも搾乳機とかおむつ用ゴミ箱とか哺乳瓶洗うやつとか、揃えないといけないものはたくさんあるみたい。全部まともに買ってたらお金がいくらあっても足りないw

ということで、ベビーカーやベビーベッド、お風呂など大きいものはまずは身近な人に聞いてみて、借りられるものは借りましょ。

あとは、メルカリとかジモティーもめっちゃ便利。

今回うちもベビーカーはメルカリで見つけました。

ベビーカーって、赤ちゃんの好き嫌い結構あるみたいで、せっかく買ったのに全然乗ってくれへんくて全然使わんかったってことできれいな状態で出品されてるのが結構あります。

 うちが買ったのはこれ↓

 半額近くで買えました。

乗らんかもしれんしね!

出産予定日まであと少し

そんな感じで、ぼちぼち準備しつつ平日は実家で普通に仕事して過ごしてます。

実際産んだ人に聞くと、今より出産した後の方が圧倒的に大変で、一ヶ月くらいは普通に動けへんようになるから、今のうちにやれることやっとけということらしいので、いろいろ仕事の引き継ぎしたり、整理したりして、一ヶ月くらいは何とか乗り切れるようにしたいと思います。

他にも、これ買っといたほうがいいよっていうものがあれば教えてください(^o^)